照明における省エネ補助金活用

照明は昼間でも屋内には必要不可欠です。

人がいる場所はもちろんのこと、いない場所でもつけていなければならない場合も多く、その消費電力は侮れません。

省エネ照明といえばLEDがその代表格ですが、LEDを導入することで従来の白熱球よりも消費電力や交換コストの削減が望めます。

また、補助金を上手く活用することで、ネックとなりがちなイニシャルコストも抑えることができます。

工場 M様

実績・事例
診断時に、水銀灯300台についてLEDの更新提案がなされたが、一部拡大して実施し、水銀灯だけでなく、白熱電球、蛍光灯も含め計752台の照明更新を行った。結果、当初見込まれていた年間CO2削減量の1.7倍の削減に成功した。
お客様の声
受診前より設備更新を行っていましたが、より総合的かつ包括的な視点から適切な対策を実施したかったため、受診しました。提案をもとに当社で工夫を加えたことにより、予定の以上の効果を得ることができました。
   

老人ホーム N様

実績・事例
LED照明器具を導入。廊下、トイレ等は人の入退室によるセンサー制御を設置し、事務室での集中管理へと切り替えた。空調設備の更新なども実施し、全体的なエネルギー消費量は52.5%と計画以上の効果となった。
お客様の声
当施設の利用者はお年寄りの方ですので、電気の消し忘れや不要箇所の点灯が頻発しておりました。それをセンサー制御により解消することができました。
   

工場 S様

実績・事例
LED照明を738台へ更新。また、EMS制御導入により大幅な電力削減に繋がった。他にも、インバータ制御のコンプレッサー導入などを実施し、全体として25.6%の省エネ効果を達成した。
お客様の声
今回の設備更新などにより、エネルギー消費量の低減に加え、作業効率改善、製造環境の改善、オペレーターのモチベーション向上など様々な効果を出すことができました。
   

栃木省エネルギー・再生可能エネルギー

補助金相談センターへのご相談はお気軽に

メールでの問い合わせ