補助金申請の流れ

補助金申請をするためには、準備が必要です。目安として、公募が予定される時期の半年~4か月前から取り組むことが、申請をスムーズに進行する上で大切となっています。
  1. 対象設備の選定

    設備更新を検討されている段階で、ある程度狙っている補助金の種類も決まっていることかと存じます。先ずは、その設備の情報をまとめることから補助金申請の準備はスタートします。

     

    【当再生可能エネルギー省エネ補助金センターでサポートできること】

    補助金の種類によって要件が変わってきます。中には、更新設備選定の段階で採択の可能性が低いと判断する場合もあります。私たちは、設備の情報から狙える補助金をご提案します。

  2. 必要見積りの請求
    補助金は公共機関が出すものであり、その採択要件には複数社見積りなど厳粛さを保つための要件が多々設定されています。その要件に合わせ、設備・工事費用の見積りを各業者から請求します。

    【当再生可能エネルギー省エネ補助金センターでサポートできること】

    見積りの準備において、必要な段取りなどをサポートします。

    このような要件が設定されているのは、価格の適正さを保つことが目的です。そのため、見積りの請求自体はお客様自身に行っていただく必要があります。

  3. 申請書類の作成
    集められた情報を元に、申請書類を作成します。

    【当再生可能エネルギーエネ補助金センターでサポートできること】

    私達は、この補助金申請のための書類の作成サポートをいたします。数多くの採択実績を誇る当センターには様々な申請ノウハウがあり、その部分をお伝えしながら進めていきます。

  4. 採択~施工
    採択が決定された後は施工となります。大半の補助金は、採択が決定した事業年度内に施工を完了させておくことが要件として含まれています。

    【当再生可能エネルギー省エネ補助金センターでサポートできること】

    達は電気工事業のスペシャリストという一面もあります。 採択が決定した場合、施工業者をご検討の場合は当社にて 対応いたします。

  5. 設置報告
    大半の補助金は、設置後その報告をして、初めて補助金が支給されます。設置後の報告用資料作成をし、提出することが必要です。

    【当再生可能エネルギー省エネ補助金センターでサポートできること】

    設置報告用の資料作成の段取りも当センターでは行っています。 同様に、数多くの経験があるからこそ、お伝えできるノウハウがあります。

栃木省エネルギー・再生可能エネルギー

補助金相談センターへのご相談はお気軽に

メールでの問い合わせ