エネルギー使用合理化等事業者支援事業

平成30年度のエネルギー使用合理化等事業者支援事業の公募情報が公開されました。国内最大級と言われる省エネ補助金。今年度も事業所単位と設備単位の2つの種類の公募がなされる予定です。

募集の概要

補助事業名称: 平成30年度 エネルギー使用合理化等事業者支援事業

 

公募期間  : 平成30年5月28日(月)~7月3日(火)※17:00必着

 

交付決定時期: 8月末頃を予定

        ※平成31年1月31日までに事業完了

 

予算額   : 190億円

 

 

公募の種類

事業所全体で1%以上の省エネ率を狙うもの

(1)補助金の要件(以下のいずれかを満たす)
1.工場・事業場の省エネ率が1%以上(単位:kl)
2.工場・事業場で使用料を1,000kl以上削減(省エネ量)
3.費用対効果が補助対象経費 1,000万円あたり省エネ量200kl以上
4.エネルギー消費原単位の改善率1%以上(単位:kl)

 

(2)その他の要件

・投資回収年が5年以上の事業である事
・トップランナー制度対象機器を導入する場合は、トップランナー基準を満たす機器のみが補助対象。

 

(3)補助対象
省エネルギー設備の設計費、設備費、工事費に対して1/3以内
※補助金上限額:1事業あたり15億/年度
※補助金下限額:1事業あたり100万円/年度
●最低でも300万円以上の設備・工事費が必要となります。

 

 

 

2.特定の省エネルギー設備導入する場合

(1)補助金の要件

  経済産業省が認定するトップランナー基準以上の設備の導入

   ※トップランナー基準:指定された製品のうち、その時点で最も省エネ性能に優れた製品の

     省エネ水準、技術進歩の見込み等を参考に定めた、エネルギー消費効率の基準のこと。

 

(2)補助対象

  設備費に対して1/3以内

   ※補助金上限額:1事業あたり3,000万円

   ※補助金下限額:1事業あたり30万円

 

(3)対象設備

  ①高効率照明             ②高効率空調

  ③産業ヒートポンプ    ④業務用給湯器

  ⑤高性能ボイラ          ⑥高効率コージェネレーション

  ⑦低炭素工業炉          ⑧変圧器

  ⑨冷凍冷蔵庫設備       ⑩産業用モータ

栃木省エネルギー・再生可能エネルギー

補助金相談センターへのご相談はお気軽に

メールでの問い合わせ