エネルギー使用合理化等事業者支援事業

省エネ補助金として最もポピュラーと言われているのが、この「エネ合」と呼ばれるものです。

エネ合には大きく2種類のタイプがありますので、皆様の事業所で採択可能性があるものを選んで 補助金申請をすることが求められます。

1.事業所全体で1%以上の省エネ率を狙うもの

(1)補助金の要件(以下のいずれかを満たす)
1.工場・事業場の省エネ率が1%以上(単位:kl)
2.工場・事業場で使用料を1,000kl以上削減(省エネ量)
3.費用対効果が補助対象経費 1,000万円あたり省エネ量200kl以上
4.エネルギー消費原単位の改善率1%以上(単位:kl)

(2)補助対象
省エネルギー設備の設計費、設備費、工事費に対して1/3以内
※補助金上限額:1事業あたり15億/年度
※補助金下限額:1事業あたり100万円/年度
●最低でも300万円以上の設備・工事費が必要となります。

2.特定の省エネルギー設備導入する場合

(1)補助金の要件

  経済産業省が認定するトップランナー基準以上の設備の導入

   ※トップランナー基準:指定された製品のうち、その時点で最も省エネ性能に優れた製品の

     省エネ水準、技術進歩の見込み等を参考に定めた、エネルギー消費効率の基準のこと。

 

(2)補助対象

  設備費に対して1/3以内

   ※補助金上限額:1事業あたり3,000万円

   ※補助金下限額:1事業あたり50万円(ただし中小企業、個人事業主は30万円)

 

(3)対象設備

  ①高効率照明             ②高効率空調

  ③産業ヒートポンプ    ④業務用給湯器

  ⑤高性能ボイラ          ⑥高効率コージェネレーション

  ⑦低炭素工業炉          ⑧変圧器

  ⑨冷凍冷蔵庫             ⑩産業用モータ

エネ合の採択事例

スーパー B様

スーパー B様
空調 スーパー・流通店 エネ合
使用した補助金
エネルギー使用合理化等事業者支援事業
要件
補助率
実績・事例
高効率のインバータ式冷凍機9台、高効率ショーケース118台を導入した。加えて、冷凍冷蔵設備の自動制御ができるEMS装置の活用によりエネルギーの見える化も実現し、約30%の省エネ・節電効果を達成した。
お客様の声
スーパーでは冷蔵冷凍設備が欠かせませんが、そういった設備の更新コストは大きく、補助制度の活用なくして実施することは難しい状況でした。補助制度が採択されたことが後押しとなり、全てのショーケースの入れ替えも実現できました。

ホテル P様

ホテル P様
空調 宿泊施設 エネ合
使用した補助金
エネルギー使用合理化等事業者支援事業
要件
補助率
実績・事例
510の客室の空調環境を整えるため多くのエネルギーを使用していたため、高効率のインバータ式ターボ冷凍機を導入した。結果、エネルギー使用量が特に多い夏季(7-9月)は導入前と比較し約7割も消費エネルギーの削減となった。
お客様の声
宿泊客の快適性と省エネの双方を達成することを目指し、申請しました。大規模な更新工事を行うことは初めてでしたが、省エネ量を含めて効果が目に見える形で表れています。

工場 S様

工場 S様
照明 その他 エネ合
使用した補助金
エネルギー使用合理化等事業者支援事業
要件
補助率
実績・事例
LED照明を738台へ更新。また、EMS制御導入により大幅な電力削減に繋がった。他にも、インバータ制御のコンプレッサー導入などを実施し、全体として25.6%の省エネ効果を達成した。
お客様の声
今回の設備更新などにより、エネルギー消費量の低減に加え、作業効率改善、製造環境の改善、オペレーターのモチベーション向上など様々な効果を出すことができました。

栃木省エネルギー・再生可能エネルギー

補助金相談センターへのご相談はお気軽に

メールでの問い合わせ