当センターの取り組み

省エネ営業マン照井の”熱血”現場奮闘記!vol.12

皆様こんにちは。省エネ営業マン照井です。

さて、今回は、税金に絡む話をさせていただきますね。

税金と言って、難しそうだな、めんどうくさいと思われるかも知れませんが、きっと皆様の企業にとって役立ちますので、最後まで目を通してくださいね。

 

さて、我々日本に在籍する者、(個人だろうと法人だろうと)みんな税金を納めますよね。

そして、その税金は国、都道府県、市町にプールされていろんな使途に利用されます。

企業が設備を導入する時に利用する「補助金など」はその税金を自社の経営に有効活用できます。

そして、今回のメインテーマの「税制優遇」は企業等が税金を納めるときの優遇措置です。

 

では具体的に、、、、

皆様は、ご存知だとは思いますが「中小企業等経営強化法」に基づく支援措置活用についてです。

 

☆経営力向上計画の認定を受けた事業者は、計画実行のための支援措置(税制措置、金融支援、法的支援)を受けることができます。今回は紙面の都合上、税制措置に絞っての話をします。

 

☆制度の概要

青色申告書を提出する①中小企業者等が、②指定期間内に、中小企業等経営強化法の認定を受けた経営力向上計画に基づき③一定の設備を新規取得等して④指定事業の用に供した場合、取得価格の10%の税額控除または即時償却のいずれかを選択適用することができます。

税額控除→中小企業経営強化税制、中小企業投資促進税制、商業サービス業農林水産業活性化税制の控除税額の合計で、その事業年度の法人税額または所得税額の20%までが上限となります。

なお税額控除の限度額を超える金額については翌事業年度に繰り越すことができます。

即時償却→限度額まで償却費を計上しなかった場合、その償却不足額を翌事業年度に繰り越すことができます。

 

すご~く長くなりますので、ここらへんで筆を置こうと思いますが、より詳しくお知りに

なりたい方は、当センターまで、お問い合わせください。

 

経営力向上計画って何?

金融支援、法的支援を知りたい。

上記、制度の概要の①、②、③、④の具体的内容を知りたい。等々お待ちしております。

省エネ営業マン照井の”熱血”現場奮闘記!vol.12
省エネ営業マン照井の”熱血”現場奮闘記!vol.12
省エネ営業マン照井の”熱血”現場奮闘記!vol.12

福田(ゆ)の省エネ提案日記vol.11

皆さんこんにちは。福田 由希子です。

とにかく毎日暑いですね。今年の残暑も厳しそうですね。

夏の電気代が今年も上がってしまった・・・

電気代を抑えて涼しくできないかなぁ・・・

とお考えではありませんか?

あるんです!条件がそろえば電気代が大幅に削減でき、涼しくなるんです。

 

私事ですが最近は工場におじゃまさせていただくことが多く、空調のお悩みを

よく耳にします。

私がまわっているエリアでは井水を利用している工場が多くあります。

この井水がポイントなんです!井水利用のクーラーがあるんです!

冷却するための熱源は井水を利用!送風機のみに電気代がかかりますが、

金額的には大幅削減できます。

気化熱式冷房と違い冷温水コイルによって冷風を作るので湿度も下げてくれますので快適空間になります。

井水の温度によって吹き出し口の温度が変わりますが、気温34℃で

井水温度17℃ですと25℃くらいになります。

 

さらにさらに‼利用後の井水は+10℃くらいになっていて、ボイラーなどの給水に再利用できます。

いろんなところで、コストダウンできて井水有効活用できる優れものです(^-^)

 

ただ、冒頭にもお伝えしましたが条件がピッタリ合えばのお話なので、気になった方は

まずはエネ創福田までご連絡ください♪♪

来年度に向けてでも結構ですので一度お話をさせていただきたいと思います。

皆さんにお会いできますことを楽しみにしています。

 

暑さにもゲリラ豪雨にも負けずがんばります!

福田(ゆ)の省エネ提案日記vol.11
福田(ゆ)の省エネ提案日記vol.11
福田(ゆ)の省エネ提案日記vol.11

省エネ営業マン照井の”熱血”現場奮闘記!vol.11

こんにちは。省エネ営業マン照井です。

さて、今回は、「自家消費型太陽光発電」について基本的な話をさせていただきますね。

テーマはズバリ、‟自家消費太陽光が注目を集めている理由“です!

 

★なぜ最近このような「自家消費型」の文言が多くなってきたか

 

①固定価格買取制度(FIT)と電力会社からの買電価格との差が縮小してきた。

 FIT価格は年々下落、買電価格は再エネ賦課金が年々上昇

②将来的な電力料金の上昇懸念対策として。

③法的義務の履行のため。

 ・改正省エネ法対応  太陽光発電による電気の自家消費分については、電力会社から

            供給される化石燃料由来の電気の使用量の低減になるため間接 

            的な評価を受けます。

 ・改正温対法対応

 ・工場立地法対応   太陽光発電設備は「環境施設」として取り扱い可能です。

④CSR、企業価値向上のため。

 RE100→事業運営を100%再生可能エネルギーで賄うことを目標に掲げる指針です。

 SBT→企業にも「2℃目標」達成のため削減目標を促す国際的な取組。

⑤将来的な課税リスク対策として。

 カーボンプライシング制度→CO2排出企業に対する炭素税、規制の強化があります。

⑥遮熱効果による空調負荷低減として。

 太陽光発電設備の設置により屋根表面温度の低減→特に真夏は室温の上昇を抑える効果  

                        で空調費用の低減が図れます。

 

 

上記のような理由で、自家消費型太陽光発電は注目を集めているんですね。

では続いて、実際に自家消費型太陽光発電を活用した場合に、活用できる税制や補助金のご紹介をさせていただきます!

 

★優遇税制の充実

 ・中小企業等経営強化法に基づく税制処理

 経営力向上計画の認定を受けた事業者は、計画実行のための支援措置を受けることが

 できます。①固定資産税が3年間、半分になります(固定資産税特例)各市町村による

      ②法人税について即時償却または取得価格の7%または10%の税額控除が  

       選択摘要できます(中小企業経営強化税制)

 ・生産性向上特別措置法に基づく税制処理

  一定の設備を新規取得した場合、新規取得設備に係る固定資産税の課税標準が3年間

  にわたってゼロ~1/2の割合で市町村が定めた割合に軽減されます。      

 

★世界的な「脱炭素化」政策の加速

2016年11月にパリ協定が発効し低炭素化を超えた「脱炭素化」に向けて世界的に

取り組むことが決定しております。

また、早くから省エネ、燃料転換に取り組んでいる企業にとっては、既に省エネ余地が限られている場合が多いため、今後は「再エネの活用」が必須になってきます。

 

★補助金

経済産業省の発表によると、自家消費タイプの太陽光発電設置は補助金支給対象ですが、

主に売電目的の太陽光発電設置は補助対象外となります。

 

以上、‟自家消費太陽光が注目を集めている理由“でした!

自家消費型太陽光発電の魅力をお判りいただけましたでしょうか?

少しでも気になるキーワードがあれば、

ぜひ当センターまでお気軽にお問い合わせください!

省エネ営業マン照井の”熱血”現場奮闘記!vol.11
省エネ営業マン照井の”熱血”現場奮闘記!vol.11
省エネ営業マン照井の”熱血”現場奮闘記!vol.11

福田(ゆ)の省エネ提案日記vol.10

皆さん、こんにちは!

福田由希子です。過ごしやすい季節になってきましたね。

空調関係も一旦お休みする時期ですので、夏に向けてのメンテナンスを忘れずにお願いします。

 

そして、この時期は今年度の省エネ補助金の公募が始まる季節でもあります。

その傾向と対策ということで、4月17日(水)に弊社主催の

「省エネ補助金相談会」を開催いたしました!

ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。

 

今回は、大手コンサルティング会社の講師をお呼びしまして、どのような補助金があるのか?対象設備は?いつどのようにしてどこに申請すれば良いかわからない、などなど。補助金申請するうえで準備することや傾向をお話しいただきました。

長く使っていれば必ず設備の更新をする時期がきます。多くの設備をお持ちの会社様は、既存設備の使用期間を把握しまして、毎年設備更新の計画をたてていただくことが大切とのことでしたね。

準備期間を長くとり、どの補助金と相性が良いのかまずは探してみてくださいね♪

 

もう1つのポイントとしまして、採択事例や、採択されやすいポイントを、多くの省エネ診断と補助金申請を手がけているベテラン講師をお呼びしましてお話しを聞くことができました。

ポイントをしっかりおさえて申請すればみなさんにもチャンスがありますね!

ぜひ、そのお手伝いをエネ創でさせてください♪♪

 

中には本年度の予算に設備費があまり組まれていない会社様もいらっしゃることと思います。

大きな投資をせずに省エネする提案もさせていただいております。

まずは、どのようにしたら良いか現場を調査させていただきたいと思います。

今回の相談会講師と個別に話しがしたい方も、ぜひぜひお声かけください。私も一緒ですがお伺いさせていただきます。

もちろん、省エネルギーセンターの省エネ診断を利用することも良いかと思います。

こちらのご案内も立会いも最後の最後までさせていただきます。

 

まだまだ日々勉強の私ですが、みなさんのお役に少しでも立てるよう省エネ知識の引き出しを多くしてお待ちしております♪

福田(ゆ)の省エネ提案日記vol.10
福田(ゆ)の省エネ提案日記vol.10
福田(ゆ)の省エネ提案日記vol.10

省エネ営業マン照井の”熱血”現場奮闘記!vol.10

皆様こんにちは。省エネ営業マン照井です。

さて、今回は、「省エネの3つのポイント」について基本的な話をさせていただきます。

★先ず1つ目は「省エネ診断」です。

皆様ご承知の通り、省エネは全世界的な動きであり、我が国日本も、我が栃木県も例外ではありません。地球温暖化防止の動きとも連動しております。

では、どうやって省エネ診断をすれば(受ければ)良いの?

それは、経済産業省の外郭団体「一般財団法人省エネルギーセンター」の診断を受診すれば良いのです。では、その申し込みは?→それは当、栃木省エネルギー再生可能エネルギー補助金相談センタ-の私、照井までご連絡ください。

★次に2つ目は「無駄の発見」です。

①不必要な所は「やめる

 必要以上に照明が明るい→間引き、設備を取り除くなど。

②不必要な時は「とめる

 空調。昼休みもコンプレッサーが動いている→休憩時間はマメに動力を切る。

③不必要な量は「さげる

 エアコン温度設定が不適切。→設定温度、時間帯の適正化。

④不必要な量は「なおす

 エア漏れ、蒸気漏れがある。→配管を修理する。

⑤不必要な量は「ひろう

 排熱を単に逃がしてる。→回収して使いまわす。

⑥不必要な量は「かえる

 機械が古い。→インバータ機器への交換。燃料の転換。

 

以上、やめる、とめる、さげる、なおす、ひろう、かえる、の6つのキーワードを意識することです。

★最後に「見える化」です。

毎月の高い電気代、どうにかならないの?と問い合わせを多くいただきます。

①先ずは電気代の料金算出式を理解することです。

 電力料金=基本料金+電力量料金+再生可能エネルギー発電促進賦課金

 から構成されています。

②そして月々の請求書をチェックして、毎月の電力量、最大電力の毎月ごとのグラフ化をしましょう。

③貴社がデマンド監視装置を導入してるのであれば、時間ごとの電力量もグラフ化しましょう。

→そして、デマンド監視装置の活用ですが、アラーム等が鳴ってスイッチを切るのも確かに有効策ですが、一歩踏み込んで、運用改善(設備停止、省エネ運転、稼働時間シフト)と設備投資改善を行う。これによって契約電力を下げることで、基本料金の低減につながります。

 

※詳しくは当センターまで、お問い合わせください。。 

    

省エネ営業マン照井の”熱血”現場奮闘記!vol.10
省エネ営業マン照井の”熱血”現場奮闘記!vol.10
省エネ営業マン照井の”熱血”現場奮闘記!vol.10

福田(ゆ)の省エネ提案日記vol.9

皆さん、こんにちは。

福田 由希子です。

外はすっかり春めいてきましたね。

今年度、そして平成も終わりを迎えようとしています。

 

新たな年号でスタートする新年度!

2019年度の補助金は種類も対象も多様化することが予想されています♪

皆さんのお役に立てる情報をいち早くお伝えできるよう日々アンテナを張っております。

 

そして、なんと!4月にエネ創主催の「省エネ補助金相談会」を開催いたします♪

 

・設備更新に使える補助金を使うにはどうしたらよいのか?

・どのようなスケジュールで進めていくのか?

・申請書類は難しそう・・・

・採択率を上げるポイントは?

 

などなど、疑問点が沢山あることと思います。

そんな皆さんにピッタリな相談会になっております。

大手コンサルティング会社からゲストをお呼びしております。

全国を飛び回り様々な実績をお持ちの方です。

どこをどうすれば良いのか、この機会に聞きたいことを何でも聞いてくださいね!!

 

その他にも、当社の強い味方!ベテランエネルギー管理士による30年度の採択事例や

採択されるためのポイントなども詳しくお話ししていただきます♪

 

**************************************

  日時:4月17日(水)13:30~16:00(開場:13:00)

 

 場所:宇都宮市東市民活動センター 2階 第4会議室

   (宇都宮市立東図書館併設)

**************************************

 

少しでも多くの皆さんに、補助金について知っていただきたく私も

飛び回っております。

ご不明点やここはどうなの?など気になることがございましたら

福田までご連絡ください♪

お待ちしております♪♪

 

▼ここからセミナーの詳細も見れます!▼

https://www.tochigi-syoene.com/ene_seminar/

福田(ゆ)の省エネ提案日記vol.9
福田(ゆ)の省エネ提案日記vol.9
福田(ゆ)の省エネ提案日記vol.9

省エネ営業マン照井の”熱血”現場奮闘記!vol.9

皆様、こんにちは!

お気づきとは存じますが本ブログは福田(由)と私、照井とで一月置きに発信しております。

さて、今回は一度当社の取り組みを「整理」して発信し、皆さまにより当社のことを知っていただく意味合いをこめて、当社省エネチームが取り扱う商品ラインナップのご案内をしようと思います。

代表的なものをピックアップしただけでも14項目になりました。ぜひ最後まで目をお通しくださいね!

 

①太陽光発電(自家消費型、全量売電型、他)

②空調本体の設備更新、フロンガス排出抑制法対策など

③空調に絡む電気料金削減の為の様々な周辺設備商材

・窓ガラスへの遮断熱フィルム貼り付け、空間内の冷暖気循環ファン取り付け

 →ご存知の通り限られた空間では暖気は天井付近に滞留し、我々の足元付近には冷気が滞留します。その寒暖差はなんと10度前後になる場所もあります。それをかき混ぜることによって温度ムラ環境改善,など,電気代削減に寄与します。

・コンプレッサー強制停止のデマンド管理装置

 →これにより電気代の基本料金削減、電力量料金削減が期待できます。

・特殊遮熱シート

 →ご存知の通り外界の冷熱が建屋に侵入するのは屋根および窓ガラスからです。屋根の冷熱が屋根裏に滞留し、そこから室内が熱くなったり寒くなったりします。そこに遮熱シートを施すことにより空調にかかる電気代コストカットします。

④照明器具交換(水銀灯、蛍光灯からLED灯へ)

 →これにより照明にかかる電気代は平均して約3分の2がカットできます。

⑤ボイラー

⑥業務用給湯器

⑦冷温水発生器。チラー

⑧排熱循環システム

 →御社では排熱を有効利用していらっしゃるでしょうか?まだ有効活用してない、という方はぜひ当社へ!

⑨自家用発電機(非常用含む)

 →昨年6月には消防法の一部が改訂され発電機の点検方法が改正されました。最近は日本全国で自然災害が多発しており、8年前の東日本大震災では約7割の発電機が正常に作動しなかったと言われております。非常用発電機が正常作動しないことにより、非常設備が動かずに二次災害が発生しました。国も問題視しており非常用発電機の正常作動のために監視強化に動いております。

⑩大手電力会社から新電力会社への切り替え

 →コストを掛けずに平均の年間電気料金7%前後の削減ができます。

⑪鳥忌避ジェル

 →鳩などが止まる軒があり、その下には糞が大量に、製品等に付着なんてことはございませんでしょうか?そんなときには忌避ジェルを設置して鳥が一切いなくなりました。しかもメーカーの3年保証もうれしいですね。

⑫蓄電池

 →蓄電池と太陽光発電を合わせれば電力コストの大幅削減も実現いたします。ただ今、当社では蓄電池キャンペーンも実施中です(4月末まで)。蓄電池を使えばピークカットの実施可能です。契約電力を下げて電気代大幅削減いたしましょう。

⑬変圧器設備更新

⑭補助金(事業主様の代理申請業務)

 →国、地方公共団体の省エネに関する設備更新の補助金申請は実績ある当社へ。4月17日には補助金相談会実施します。

 

以上、代表的な当社の商材のご案内でした。

 

これ気になっていた!ちょっとだけ話を聞きたい!という方のご連絡をお待ちしております!

 

省エネ営業マン照井の”熱血”現場奮闘記!vol.9
省エネ営業マン照井の”熱血”現場奮闘記!vol.9
省エネ営業マン照井の”熱血”現場奮闘記!vol.9

福田(ゆ)の省エネ提案日記vol.8《2018.12.28》

福田(ゆ)の省エネ提案日記vol.8

 

 

みなさん、こんにちは!

福田由希子です。

今年もあとわずか・・・1年は早い・・・と、思う今日この頃です。

 

今回は省エネからちょっとはずれますが、私の活動の1つで、重要なお話しです。

突然ですが、「非常用発電機」はご存知ですか?

病院や施設なら置いているかと思います。

滅多に使わないと言いますか、使わずにいられることが一番良いのですが、

最近の異常気象を考えますと、何が起こるかわからないのが現状です。

今夏は酷暑だけではなく、台風も多く日本にやってきて大きな被害がでましたね。

塩害なんて今まであまり耳にしませんでしたが、海水を含んだ強風のせいで

電線がショートして電力供給が止まったなんて、びっくりしました。

栃木県は海なし県なので余計に発想できない被害でした。

 

そんなときに役立つのが「非常用発電機」です。

火災が起きたときのスプリンクラーや、非常用エレベーターなどに繋がっているのですが、

いざという時に使えない!なんて事になったら困りますよね。

でも、地震が起きた時に使えないということが実際にあったんです!

東日本大震災のときは、なんと約70%もの非常用発電機が正常に作動しなかったと言われています。

命に関わる事態にはならなかったそうですが、

エレベーターが動かず立ち往生してしまったり、人工呼吸器など常に電気が必要な患者様は非常用の簡易式の自家発電機を急遽取り寄せて使用したりと、本当に困ったそうです。

聞いただけでえっ!と思いますし、現場にいらした方達は相当焦ったことと思います。

 

みなさん、どうですか?非常用発電機の「負荷試験点検」はされていますか?

いつだっけ?と思った方は書類を確認してくだいね!

平成30年に非常用発電機の点検についての法律が強化されました。年1回の消防点検で負荷運転試験を実施しないと、受理されないようになっています。

そのままにしておくと・・・罰金もあるようなのでお気をつけください!

負荷運転試験はいつやったかなぁ・・・どうすればいいかなぁとお思いの方、

エネ創福田を思い出してぜひご連絡ください。

お待ちしております♪

 

そして皆様、良いお年をお迎えください。

また、来年もエネ創をよろしくお願いいたします♪♪

福田(ゆ)の省エネ提案日記vol.8《2018.12.28》
福田(ゆ)の省エネ提案日記vol.8《2018.12.28》
福田(ゆ)の省エネ提案日記vol.8《2018.12.28》

省エネ営業マン照井の”熱血”現場奮闘記!vol.8

省エネ営業マン照井の”熱血”現場奮闘記!vol.8


皆様、こんにちは。

皆様の会社では常に電気料金、燃料費の削減に取り組んでおられることと推察いたします。
さて、今回のテーマですが、当社では毎年11月に「省エネセミナー」を開催しており今月の14日に宇都宮商工会議所の会議室をお借りして開催させていただきました。
今回のテーマは特に「空調に絞った省エネ」を行いました。

テーマ①は、商工会議所の方に「先端設備等導入計画」についてを話していただきました。
この内容といたしましては、生産性向上特別措置法に基ずいて、各市町村による認定を受けた企業は固定資産税の特例措置等の支援を受けられるというものです。例として宇都宮市の場合は、一定の要件を満たす設備について、当該固定資産税の課税標準が3年間ゼロとなります。

テーマ②は、エネルギー管理士の方から栃木県および公的機関(一般財団法人省エネルギーセンター)による無料の省エネ診断および省エネ補助金の話をいただきました。

テーマ③は、空調機メーカーの方からフロン排出抑制法について話をいただきました。それによりますと業務用空調を利用する管理者(ユーザー)に求められるのは「管理する、点検する、修理する、記録する」です。今年8月の岐阜県の病院で死者が出たニュースは記憶に新しいところですね。

テーマ④は、空調機のデマンド対策です。多くの会社さんで、デマンド「管理や監視」装置を取り付けていることと思います。アラーム等で電力会社との基本料金が突破しそうになると手動でスイッチ等を切っていると思います。これですと切り忘れたりすると、翌月から基本料金が上がってしまった、という会社さんの声を多く聞きます(特に今年の夏は暑かったですよね)。そこで、今回の商品はデマンド制御ですので、30分の半分、15分の間に3分ほど空調の主装置コンプレッサーを強制的にストップさせるので今までの基本料金オーバーはありません。それでも体感する冷房や暖房は変わりありません。

テーマ⑤は、空間の温度差解消ファンです。皆様ご存知の通り、部屋の中では、暖かい空気は天井に、冷たい空気は我々が立ったり座ったりしている足元に滞留します。デスクワークの女子社員さんの足元には電気ストーブが置いてあったりしますよね。そのような場合、このファン(空間の温度差解消ファン)を取り付けることで天井面と床面の温度差が解消され、快適な環境を作り出すと共に冷房代金、暖房代金の節約にもつながるというものです。

テーマ⑥は、今年の夏前に爆発的に需要のあったものですが、窓ガラスに貼る遮熱断熱フィルムです。1枚ガラスのお客様には効果抜群です。 夏場の日射透過は34%減、冬場の暖房熱流出は25%減です。つまり夏の冷房代金、冬の暖房代金の削減に効果あります。
 
 
以上6点のテーマでセミナー開催いたしましたが、ご興味、お問い合わせ等ございましたなら何なりと当社までお願い申し上げます!

省エネ営業マン照井の”熱血”現場奮闘記!vol.8
省エネ営業マン照井の”熱血”現場奮闘記!vol.8
省エネ営業マン照井の”熱血”現場奮闘記!vol.8

福田(ゆ)の省エネ提案日記vol.7《2018.10.24》

福田(ゆ)の省エネ提案日記vol.7

 

みなさん、こんにちは!
福田(ゆ)です。やっと過ごしやすい季節になってきましたね。
いきなり涼しくなって風邪などひかれていませんでしょうか。


さて、今年の酷暑を乗り越えて頑張っているみなさんですが、
一緒に頑張ってくれた空調の調子はいかがでしょうか?

 

私たちも忙しい日が続くと疲れが溜まるように
空調も真夏フル回転だったので不具合が出やすいことと思います。
いざ寒くなった時に使えない・・・となると困りますよね。

 

今のうちにメンテナンスしておくことをおススメします。

 

空調の寿命は約10年と言われています。
10年が過ぎますとアフターフォロー用の部品もなくなる場合もありますのでご注意ください。

 

そして冷えにくい、暖まりにくいとなると冷媒ガスが漏れてる場合もあります。
なんとその冷媒ガスで以前使われていたR22というガスが2年後には全廃になります!!!

ですので、使っていない空調がありましても勝手に抜いてしまうことも法律で禁じられています。
専門の業者さんにお願いしてくださいね!

 

それと修理するにも入手困難になると思われますのでお心あたりのある方は確認していただき
早めのお取替えをおススメいたします。
室外機を見ていただければ確認できます。(下左の写真をご覧ください!)

 

と、言いましても会社様にとって設備投資するのはなかなか難しいことと思います。
そのような時は、補助金をお使いいただくと良いと思います。

 

色々な手続きが・・・とお思いでしたら、ぜひ私達エネ創省エネグループにお任せください!


何から手をつければ良いかわからない・・・まずは福田(由)までご連絡ください♪

 


お問い合わせお待ちしております!

福田(ゆ)の省エネ提案日記vol.7《2018.10.24》
福田(ゆ)の省エネ提案日記vol.7《2018.10.24》
福田(ゆ)の省エネ提案日記vol.7《2018.10.24》

栃木省エネルギー・再生可能エネルギー

補助金相談センターへのご相談はお気軽に

メールでの問い合わせ